CLAMP Festival

CLAMP Festival

もうおなじみですよね

近年、声優業界に夢を馳せている人が着々と増えています。日本のアニメ産業が拡大している中で、それだけ普段から娯楽として楽しんでいる人も多いということなのかもしれません。声優というのも本来は裏方の存在で、芸能界の分類で見たら表ではなく本来は裏の存在なんですよね。華やかな世界ではあると思いますが、今でこそ声優さんが表に出てイベントを開催しているなんてごく自然のように行なっています。でも少し前だったらそんな頻繁に開催されているようなものでもなかったってことは業界について精通している人なら良くご存知のはずでしょう。イベントを開催するにしても、日本武道館や横浜アリーナを使って開催、という大型イベントもあるくらいです。良く考えたら凄いことなんですよね、会場が広ければ広いほど呼び込むための人数は増えます。人気作品を集めたイベントであればそれだけイベント参加するための超高倍率を勝ち抜かなければならないでしょうね。私もとある超大手イベントに参加したことがありますが、その時もまさか本当に当選できるとは夢にも思わなかったのであの時は開催1週間前は心躍るように待っていました。こういうイベントの前後ってどうしてこう興奮するようになるんでしょうね、あの時もなぜか忙しくてほとんど休みという休みを取っていないままイベントに参加したので、終わった後迎えた本当の意味での休日はずっと眠りこけていましたが。
イベントと言っても一アニメ作品を取り上げているものもあれば、一つの原作者が複数作っている作品を取り上げて行なっている複合型のイベントと様々です。もちろん声優個人のイベントも存在していますが、そのイベントとアニメ作品のイベントではまた少し異なります。単純にいえば作品を好きな人、その作品に大好きな声優さんがたくさん出演しているといった理由、参加する人の目的が様々でしょうが、裏方仕事という性質のため普段からそこまで接点を設けることの出来ない声優たちとも会えるイベントということで、今ではアニメ産業という枠の中では大事な収益を挙げる事業と言えるでしょう。

CLAMP Festivalに行ったことありますか?

そんなイベントの中でも人気作品を多く輩出している会社や漫画家であればその規模もほとんど違ってきます、それだけその作品を親しんでいる人も多いということもあって、経済効果も半端ないことになりそうですね。そんなイベントの中で開催すればチケットを購入するのも一苦労なイベントとして、今ではもう日本を代表する女性漫画家集団『CLAMP』の作品が集合した『CLAMP Festival』もその中の一つと言えるでしょう。CLAMPといえばその作品の多さもありますが、新作として発表したほとんどの作品が人気を博してアニメ化や劇場版製作といったメディアミックス展開を行なっているのでCLAMPを愛している人は喉から手が出るほどイベントに行きたいと思っている人が多いでしょうね。
特にグッズに関しては書き下ろしともなればイベント限定販売品について目がない人はもう凄いことになります。あのイベントの売店の長さは半端ないですからね。グッズを買うために並んでも待ち時間が長すぎて公演開始に間に合わないということもあったりします。本末転倒ですよね、イベントを見に来ているのかグッズを購入しに来ているのか分からなくなります。あのイベントが開催されている時間の中でグッズを買うために並んでいる自分ほど何となく情けなくなってしまうのは何故なんでしょうね、別に悪いことはしていないのですがそれでもこれは違うと薄々感づいているのかもしれませんね。

イベントの内容について

CLAMP作品が勢ぞろいしているイベントということで、CLAMPが誇る人気作品が一同に集合しているというのも魅力です。特に作品においては大ヒットを記録して、日本だけでなく世界規模で人気を博している、もしくはとある年代においてのジャンルとしては代表格として扱われていると、そんな作品もたくさん輩出しているCLAMPだけに出演している声優さんや劇中を盛り上げるために歌っている歌手など豪華勢ぞろいしています。人気作品となればそれだけ今でも多くのファンに支えられている声優さんが出演することもあります。最近のCLAMP作品ということで考えると、漫画作品としてではなくアニメ作品として公開された『BLOOD-C』が一番良い例ではないでしょうか? 知っている人は知っていると思いますが日本を代表するアニメシリーズの最新作のアニメキャラデザインを担当したことで有名になりましたが、この作品に主演を飾っているのが現在の声優界ではオタクではない人でも認知されている女性声優の『水樹奈々』さんです。
精通していると思いますが、彼女自身の人気はここ数年で格段に膨れ上がっていることをご存知でしょう。何より紅白歌合戦に数年連続で出場を果たしていると、もはや国民的に声優というものを教えるようなスポークスマン的な立ち位置についている彼女を見てファンになり、そしてアニメというものに夢中になる人がいてもおかしくないでしょう。そんな彼女の人気が急上昇しているときにこのイベントの開催ですから、もはやチケット購入を目指して頑張って散財した人が大勢いるのではないでしょうか?人気声優が出演しているとなると、それだけファンが多いこともあります。そのとき思うでしょう、『お前ら俺たちオタクの経済力舐めんじゃねぇぞ!!』ということを。ヘビーファンであればあるほど、こういったイベントに参加するために努力という名のお金で何とかしてイベント参加という大義名分を根こそぎ奪い取ろうとする人が山ほどいます。驚きでしょうが、水樹奈々さん関連のイベントは彼女みたいがためにイベント応募抽選券が封入されているCDなどを発売すれば5枚、10枚は最低で、買う人は100枚なんて数を買う人も珍しくないんです。ドンだけイベントに行きたいんだよと、私は常々思います。私も彼女の歌は好きなのでCDを買っていますが、それでもそんな枚数を購入するということはないです。いやっ、そんな同じモノを何枚も買うなんてことしたって後から処分の方法に困るだけですからね。面倒なことはしたくないです。
とまぁ、そんな感じでイベント開催時は奈々様(←ファンの間ではこう呼ばれています)が来るぜ、うお~~っ!! と熱気づいている人がたくさんいるわけですからイベント参加に血を滾らせている人も多いことでしょうね。
そういえば中身の話をしていませんでしたね、このイベントの中身としては『音楽と映像の融合』をテーマにしているイベントとなっています。もちろんステージでのショーもありますが、他にも無料ブースで様々な催し物を開催しているという、アニメ系のイベントとしては異色のイベントかもしれませんね。こういうイベントの場合、何かとトラブルが起きることもありますから、こういった一般の人も大いに楽しめるようなイベントを開催できるというのは良いことですね。自分たちもイベントに一役買っていると考えれば、参加することにしてもやりがいはあるというものです。

今後も開催して欲しいです

イベントは2012年まで行なわれていますが、今年2013年では残念ながらイベント開催の予定は告知していないので、もしかしたら行なわないのかもしれないですね。ぜひとも開催して欲しいと思いますが今ではアニメのイベントなんて山ほど開催されていますから、その他諸々の兼ね合いや資金的な事情も絡んで大変なのかもしれませんね。そしてその分を回収するためにグッズなどを販売して少しでも収益を挙げようとしているのかもしれませんが、それはそれっこれはこれですよね!というより、こういうイベントに参加している時点でお金を使うことは前提となっているんですから、お財布の紐を縛っていること自体問題外です。全ての財力をフルに使って破産しましょう、なんていいませんけど程よく元気に諭吉パワーを発揮しないと勝ち抜けません。
現在でもCLAMPを愛している人は数多くいます、それにCLAMPも現在でも第一線で活躍している作家さんたちですから今後も是非アニメ業界を牽引しつつ、私たち一般消費者をたぎらせる作品をドンドン世の中にはなっていってもらいたいですね。

イベント開催の鍵は

今後イベントの開催を望むとしたらやはり私達が関連商品を購入してファンがいるということをアピールしなければならないでしょう。結局そうなるのかとなってしまいますが重要な鍵なんです。やはり需要があるということが判断できないとどうしてもイベント開催を企業が二の足を踏んでしまって結局頓挫してしまうということもよくある話です。資金自体が集まらなかったというのは別問題ですが、イベントを開催することで利益をはじき出すということをもしも認識できるようになればまた開催しましょうということになります。そうすれば企業としても、ファンとしても嬉しい結果になります。イベントではファンからお金をもぎ取るという考えで企業は良いと思います。そしてファンはお金を消費することが当たり前という風に考えておけば良いのです。何事も相互理解と強力ということです。